ご挨拶

大会長 丹沢 秀樹 (千葉大学大学院医学研究院 口腔科学 教授)

この度、第28回日本有病者歯科医療学会総会・学術大会を2019年3月1日(金)〜 3日(日)の3日間、千葉市中央区にあります千葉市民会館で開催する運びとなりましたので、ご挨拶申し上げます。

本学会は全国から1000名を超える医師・歯科医師や看護師、歯科衛生士などが出席し、日常の歯科医療で全身的になんらかの配慮を必要とする基礎疾患を有した患者(いわゆる有病者)の臨床報告から各種研究発表、それらに関する活発な討論を行う場であり、医学的知識・医療技術の向上、ならびに学習や情報交換を行い、有病者歯科医療のさらなる向上に寄与することを目的としています。

今春(平成30年)の歯科診療報酬改定では、「周術期における口腔機能の管理」の対象疾患が拡大されるとともに、「整形外科の人工関節手術」、「術後の脳外科患者」、「口腔内が不潔な患者」などにも適応が拡大されるなど、ますます医療の中で口腔機能管理の役割が期待されるようになってきております。さらに、口腔機能管理が慢性病態にも有効であることが認められ、介護や地域医療計画にも導入されました。このことは、逆に言えば歯科医療の中でも全身疾患との関係を常に意識する場面が益々増えて来ているということでございます。このような世の中の流れの中で、われわれ医師、歯科医師、看護師、歯科衛生士、理学療法士、栄養士、介護士などが、全身疾患と歯科医療との関係を良く理解して、診断・評価に基づく歯科医療の管理・実施を適切に行っていく必要があると考えております。

そこで、第28回学術大会では、「医療における歯科医療の新たなる展開」をメインテーマに掲げ、医療における歯科医療の位置付けをもう一度しっかりと捉え直し、これからの未来に向けた歯科医療を展望するような大会としたいと存じます。

本学会が、皆様にとりまして有意義な場となりますよう、医局員一同、鋭意努力して参りますので、多くの皆様に演題応募、ご参加頂きたくお願い申し上げます。そして、有病者歯科医療の未来に向けて、皆様からの様々な問題点の提示とそれに対する自由闊達な討論ができますことを、心より願っております。

【大会事務局】

千葉大学大学院医学研究院
口腔科学講座
〒260-8670
千葉県千葉市中央区亥鼻1-8-1
e-mail:
sika-koukugeka@office.chiba-u.jp
実行委員長:鵜澤一弘
準備委員長:笠松厚志